MENU

自毛植毛のトリコフィティック縫合法とは?

FUT法の自毛植毛は高い生着率で広範囲の植毛が可能ですが、メスを入れる植毛手術のためどうしても傷跡が残る恐れがあり、それを懸念して受ける勇気が出ない方もいることでしょう。ですが、トリコフィティック縫合法であれば悩ましい傷跡がほとんど目立たないと、好評を得です。

 

|傷跡が目立たないトリコフィティック縫合法とは?

 

トリコフィティック縫合法は、傷跡を限りなく見えないようにするために誕生した最新縫合技術で、傷跡を残したくないと希望する方におすすめの植毛方法です。縫合は傷跡下縁となる表皮を1から2ミリほど削り、その部分に傷跡上縁となる表皮を被せて縫い合わせる方法です。こうすることにより、縫合周辺にも自然に毛が生えてきます。傷跡が目立ってしまう原因のひとつが、縫合した部分に毛が生えず不自然なラインが残ってしまうためです。トリコフィティック縫合法はこれを避けることで、傷跡が限りなく目立たない縫合を実現しています。

 

|生着率の高いFUT法も傷を気にせず受けられる

 

トリコフィティック縫合法の登場によってメスを使ったFUT法が受けやすくなりました。自毛植毛は大きく分けてメスを使ったFUT法と、パンチという特殊器具を使ってメスを使わないFUE法の2つがありますが、このうち前者は後者と比べると高いドナー髪の生着率が得られるのですが、どうしても頭皮にメスを入れる手術となってしまうため傷跡のリスクがあり、避ける方もいました。この傷跡というリスクがトリコフィティック縫合法が取り除かれれば、FUT法の生着率が高いメリットが際だつのは言うまでもありません。

 

参考:FUEとFUTの違い

 

|どんな髪型でも傷跡は目立たない?

 

傷跡が限りなく目立ちにくいトリコフィティック縫合法ではありますが、何もしていない100%正常な頭皮というまでの再現は不可能です。坊主頭のように頭皮が常に露出している髪型では、多少の違和感が出る可能性はありますし、個人差によって傷跡が分かりにくくなる度合いも異なります。ですが、いずれにしても従来の縫合法と比べると遥かに優れた傷跡が目立たない縫合法ではあります。FUT法を検討の方は、合わせてトリコフィティック縫合法についてもクリニックで相談してみましょう。

 

|トリコフィティック縫合法を受けるには?

 

トリコフィティック縫合法はどこの植毛クリニックでも行われているわけではありません。高い縫合技術が求められるので、施術可能な医師は限られます。植毛を受けたいクリニックの医師が対応しているかどうかを、事前のカウンセリングで確認しましょう。私の調査では湘南美容外科クリニックのFUT法(ドナーストリップ法)や紀尾井町クリニックのFUT法で、このトリコフィティック縫合法が受けられるようです。参考にしてみて下さい。

自毛植毛ランキング