MENU

福岡で植毛クリニックを選別するなら値段重視はダメ!

AGA治療に効果があると認められて、多くの患者さんがAGA治療を考える一方で自毛植毛を希望する人もいます。効果が高く、なおかつ安全に対策をすることができる治療法として注目されています。その自毛植毛を、「福岡」で検討されている方に参考になる情報をこのサイトでは公開しています。

 

福岡の景色

 

|なぜ自毛植毛が注目されているのか?

 

一般的なAGA治療では、ミノキシジルやフィナステリドなどの育毛剤を服用していきます。もちろんこれらは実際に効果があると認められていますし、多くの人がAGAの進行を止めることができています。

 

しかし完全にすべての人に効果がでるわけではないのも事実なのです。自分が思っている以上の効果が出なかったり、場合によっては何も効果がなかったりという事も考えられます。

 

それでさらなる治療法として、自毛植毛を希望する方が多いのです。自毛植毛は、自分の健康な毛を株として取り、それを髪が薄くなっている部分に移植する方法です。

 

植毛図示

 

内服薬や塗り薬を塗布するのと違い、自分の毛を移植するので、治療の確実性や即効性で他の治療と異なります。

 

でもこの自毛植毛は一つの方法に限られる訳ではなく、いくつかの手法があります。そして一つ一つの手法にメリット、デメリットがあります。

 

色々な自毛植毛をすることができるクリニックが福岡にあります。自毛植毛の手法については、あらかじめ調べておくと、どのクリニックではどんな手法が得意なのか見極めることができます。

 

クリニックによってどの自毛植毛の手法を採用しているのか、違いがありますので自毛植毛について知っておくことが後で後悔しないために必要な事です。自毛植毛の方法についても、このサイトでは自毛植毛の手法の違いについて解説しているので、参考にしてください。

 

福岡名物屋台

 

以下に福岡で選ばれる植毛クリニックを厳選してご紹介します。いずれも主な植毛法はFUE(切らない植毛)になり、定着率や植毛スピード、実績や院の運営歴が豊富なクリニックになります。

 

値段も業界では妥当もしくは低設定になっていますが、値段だけで選ぶのは危険ですので止めましょう。しっかりと上述した内容重視で選ぶことが大切です。

 

 

国内で自毛植毛の最大のシェアを誇る、アイランドタワークリニックは福岡にも医院があります。多くの治療を行ってきた経験と技術で、治療を受けた人が満足することができるように、独自の施術を行っています。

 

i-Directという施術方法は、通常のFUE法の先を行き生着率を高めたアイランドならではの方法です。直径0.8oと0.6oのパンチを用いて施術をするので、施術の跡の傷が目立たなくなるという大きな特徴があります。

 

自毛植毛は自分の髪の毛を毛根ごと取り、それを植え込むのですが、その際にどうしても傷がついてしまいます。その傷をできるだけ小さくして、目立たなくて自然な仕上がりにすることができるのが、i-Directという施術方法です。

 

自毛植毛は施術の跡が残るのが気になるという心配を持っている方でも、安心することができる自毛植毛の方法になります。生着率の面では、空気圧を利用して髪の毛を植え込むインプランターを用いて、素早く植え込む技術を使い、確実に生えるようにしています。

 

この10年以上も自毛植毛を行ってきた経験を生かして開発された施術方法は、傷が少なくしっかりと生えるのに必要な要素を兼ね備えています。自然な仕上がりで、施術の跡が少ないという大きなメリットがあるので、福岡でも多くの方が来院されているのですね。

 

 

この後にも出てきますが、自毛植毛では最近FUEという毛根をくり抜いて採取する方法を採用していることが多いです。しかしくり抜く際に切断してしまってせっかく取った毛根も台無しになってしまう事がありました。

 

傷が少なく、施術をした跡がほとんど残らないこの方法の生着率をさらに高めて、安全に毛根を採取する方法がARTAS植毛です。毛根をくり抜く際に、毛根がどの方向に生えているのか4つのCCDカメラで撮影し、一瞬のうちに最適なドナーを採取するのです。

 

肉眼ではできない、その方向にどの角度で毛根があるのかを計算し、毛根が切断されないようにドナーを採取していきます。デジタルでコンピューターを使って処理をしているので、人の手では限界があるミクロンレベルでの施術が、確かな安全と効果を発揮します

 

参考:アルタスロボットの特徴やメリットデメリットとは?

 

湘南美容外科ではもう一つの自毛植毛の方法である、ストリップ法を選ぶこともできます。いわゆる、FUT法です。計算して自然な生え際になるように、ドナーを採取しそれを植え込んでいくのです。ドナーとなる毛根を採取する時には、毛根を傷つけないことが大切です。

 

そのために湘南美容外科では、2段階切開法を用いて、確実にドナーとなる毛根を採取することができるようにしています。さらに傷口を縫合する時には、傷跡を残さない手間のかかる方法を用います。

 

一般的にメスを使って自毛植毛をするストリップ法などは傷跡が残りやすいのですが、この縫合方法を用いることで自然な仕上がりにします。自然に仕上げることができるクリニックですし、福岡の天神駅より歩いて5分の場所にある湘南美容外科クリニックは、通いやすいクリニックでもあります。

 

 

親和クリニックでは傷が残らない自毛植毛の治療法を採用しています。予算に合わせて治療法を選ぶことが可能なのが、このクリニックの魅力です。チームワークがある親和クリニックは、一度に5000株という通常よりも多い毛髪を移植することができます

 

これほどの数があれば額から後頭部まで、植毛をすることができますし、素早い治療は心理的、さらに身体の負担を軽減します。パンチグラフトは0.6oの細いものを使用しているので、高密度で移植することが可能になりました。一般的な自毛植毛に比べて髪の量が多くなるので、自然な仕上がりになるのが特徴です。

 

しかも親和クリニックのMIRAI法では、毛の流れやヘアスタイルを考えて移植することができ、術後の仕上がりがよりナチュラルです。自分が望むスタイルに、植毛をしても対応することができるので、おすすめです。

 

今までに4,600症例の患者と向き合ってきた経験や、日々チームとして働いている看護師やカウンセラーと協力しながら自毛植毛を行います。まさに植毛のスペシャリストが福岡にもいるので、遠慮なく相談することができますね。

 

親和クリニックではMIRAI法に加えて、さらに傷が分かりにくいNC-MIRAI法なども選ぶことができます。これは通常であれば刈り上げて移植する毛髪を採取するのではなく、医師がどの株を採取するのかを見極めていく方法です。手間がかかり、ち密な作業なのですが、熟練した医師が行うことで術後にほとんど傷が目立たないというメリットがあります。

 

ロボットではすることができない、まさにチームワークが求められる治療法なのです。MIRAI法とNC-MIRAI法を組み合わせた自毛植毛の方法もあります。採取する毛髪がどのようなものか、さらに希望する状態はどのような感じなのか、個人によって異なります。一人一人の希望に合わせて自毛植毛をすることができるのが、福岡の親和クリニックの特徴になっています。

 

【上記3院の自毛植毛値段目安】

アイランドタワー 基本治療費200,000円+1,200円×グラフト数
  • 例)1,080本〜1,620本(400〜600グラフト)→680,000円〜920,000円(税抜)
  • 例)2,160本〜3,240本(800〜1,200グラフト)→1,160,000円〜1,640,000円(税抜)
湘南美容外科 アルタス植毛
  • 500グラフト→498,000円(税込)
  • 1,000グラフト→888,000円(税込)
  • 1,500グラフト→1,180,000円(税込)
親和クリニック 基本料金200,000円+1,200円×グラフト数(MIRAI法)

基本料金300,000円+2,000円×グラフト数(NC-MIRAI法)

  • 例)約2,500本(1,000グラフト)→1,400,000円
  • 例)約3,750本(1,500グラフト)→1,900,000

 

|自毛植毛をする大きく分けて2つの方法とは?

 

FUE

FUT

 

自毛植毛は主に2つの方法に分けることができます。クリニックによって名前は異なるにしても、どちらかの手法には属しています。最初に取り上げるのはFUT法と呼ばれている手法で、これは後頭部から毛根ごと皮膚を切り取ります。

 

その後、移植する株を切り分けてから移植する方法です。メスを入れて移植する髪を取るので、どうしても傷が残り、回復までに時間がかかるのがデメリットです。多くの髪が定着することや、見た目を自然なものにすることができるというメリットは確かにあります。

 

それでも後に取り上げるロボットなどを使い、メスも使わない方法が広まってきています。福岡で仕事をしていて忙しい方などは、あえて傷が残ってしまうFUT法を選択する必要もなくなってきているのも事実です。

 

先ほど登場してきた湘南美容外科クリニックではこの方法を選択しても、傷が残らない縫合法ができる医師もいます。FUT法を希望するのであれば、そのような医師がいるクリニックに相談すれば、術後の傷も心配ないでしょう。

 

もう一つの方法はFUE法と呼ばれている方法です。この方法ではパンチという器具で、毛根単位で抜き取って移植します。FUE法であれな、メスを使わずに自毛植毛をすることができるので、傷が残りにくいのです。

 

傷が残りにくいだけでなく、身体にかかる負担も少なくすることができ、術後の見た目も心配いりません。最近ではARTASの様なロボットを使って、毛髪を採取するので毛根を傷つけてしまうことも防げます。

 

手作業であれば、毛根がどの向きに生えているのか、確認することが難しく定着率を下げることにもなります。ロボットが向きや深さなどを計算すれば、術後の定着率も向上することが期待できます。

 

|自毛植毛をするクリニックを選ぶ際に考えておくと良いこと

 

思考する男性

 

自毛植毛はクリニックによって大きく技術が変わります。自分の毛をドナーにして、移植するという外科的処置を行うのですからもちろん技術がいるのは分かります。それでも髪の毛はどのように植えるのかは、手術の後の仕上がり具合に影響を与えます。

 

どの手法を選ぶのかも、術後の仕上がりに関係します。自毛植毛をしてからこんなはずではということにならないためにも、良いクリニック選びは欠かせません。

 

自毛植毛専門のクリニックを福岡で選ぶ

 

これほど技術が求められる自毛植毛ですから、それを専門にしているクリニックを選ぶと良いです。専門のクリニックであれば、多くの症例を経験していて、自分の希望にも応えてくれることでしょう。例えば美容外科のような、自毛植毛も取り扱っているという程度では、安かったとしても満足できるとは限りません。

 

植毛をする際に不自然になってしまったり、植え付けても定着しないことも考えられます。特に人工毛を取り扱っている場合には、そちらがメインということも考えられるので要注意です。自毛植毛を考えているのであれば、自毛植毛の経験が豊富なクリニックを福岡で選びましょう。

 

料金は適正なものか

 

日本で植毛をする際に、料金設定が高額になっているのがそもそものデメリットになっています。FUT法では自毛植毛が安いとされる韓国と比べて、3倍ほどの値段になることがあります。もちろん自毛植毛は、値段では比較できないということは大前提ですが、治療にかかる費用は気になるところですね。

 

術後の傷の事を考えると、安いだけでは満足することは難しいですが、あまりに高すぎる治療費は負担になります。自毛植毛専門のクリニックであれば、リーズナブルな値段で満足いく仕上がりで、自毛植毛をしてもらえる可能性が高いです。福岡にある自毛植毛専門のクリニックで、料金を比較していくと良いクリニックが見つかりそうですね。

 

症例がたくさんあるクリニックを選ぶ

 

自毛植毛専門のクリニックでも、症例が少ない可能性があります。インターネットのホームページでは、一時間で多くの株を採取して、短時間で作業を終わらせることができると宣伝しているかもしれません。

 

しかしそれだけの宣伝文句があっても、実際に数多くの症例をこなしていないのであれば、技術を期待することができません。カウンセリングの際に今までにどのような症例があって、術後の進展はどうなのか、写真を見せて説明してくれるようなクリニックは信頼できますね。

 

もし少しの症例しかないのであれば、自分の場合に希望する治療をしてもらえる保証が少なくなってしまいます。自分が写真などを見て、絶対大丈夫だと思うくらいの症例があれば、実際に治療をしてもらうのも心配がいりません。

 

 

薄毛の対策方法として、注目を集めている自毛植毛は福岡でも受けることができます。ここまで見てきたように、いくつかのクリニックの特徴や、自毛植毛の方法などを参考にして、どのクリニックが自分に合うのか考えてみることができます。

 

自分が自毛植毛に対して、ある程度の知識を付けておくことは、失敗しないために絶対に必要な事です。手法の違いを理解していれば、クリニックによって呼び名が少し違っても、その治療法のメリットとデメリットをすぐに理解できます。

 

自毛植毛は悩みを解決することができるとはいえ高額な治療になります。福岡でどのクリニックを選ぶのかは重要ですので、慎重にクリニック選びをしたいものです。ここでは3つのクリニックの特徴を紹介しましたが、間違いのないクリニックを福岡で選びたいですね。

 

【危険】自毛植毛の失敗・デメリット・後遺症が怖すぎる!?